活用の手引き

カウンセリングを受けられるにあたって

このページでは当店のカウンセリングを上手に活用する術について書いていきます。

まず、今までのカウンセリングの経験上、「時間に比例しての有効性」というお話をさせていただきたく思います。

人の性格・価値観というものは親からの遺伝的要素が半分ともう半分は過ごされてきた環境によって培われているとされています。遺伝うんぬんの方は流石の私でもどうしようもないのですが、もう半分の要素は「優しい心」に触れる事、認知改善トレーニングにより改善が可能です。親、兄弟や友人が否定的な人、攻撃的な人であれば、性格・価値観も歪んでしまいがちになるという事です。(だからこそ付き合う友人は選んでいただきたいものです。)

当店のご利用が初めてというクライエント様にはAコースの120分コースをお願い致します。その理由としましては、カウンセリングというものは心的な問題を取り扱う為、ゆっくりじっくり時間をかけて行う必要があり、正直あっという間に時間が過ぎてしまいます。その為、初回は特に最大120分とたっぷり時間をとる事により、より深いカウンセリングをさせていただき、クライエント様の心のストレスをケア(治癒)させていただきます。

それでも、中には帰られる途中でかなり重要なキーワードを発言されるクライエント様も多く(今それを言われますかと思わずツッコミをいれてしまう事も<汗>)、カウンセリングのおもしろい所なのですが、要するに本題と関係のないような些細な事でもじっくり様々な観点からカウンセリングさせていただくと、クライエント様が思ってもいなかったところにモヤモヤの原因がある場合も多く、時間をかけて1つ1つ話を聴かせていただき、カウンセラーの共感的理解の心に触れ続ける事により、解決の道に必ず到達できるということです。

カウンセリングを1回行う度に、共感的理解から心的ストレスが緩和されていきますので、その積み重ねが心に更なる余裕を持たせ、本当の意味で初めて問題に対して冷静に直視出来るようになるのではないかと考えております。経験上、問題を解決するには問題と向き合う「心の治癒×時間」が必要になるという事です。カウンセラーは魔法使いではありませんので、2時間で人生のトラウマを取ってくださいと言われましても、結論的には不可能なのです。

段階的に回数を重ねて心を癒していくものがカウンセリングだとお考えください。よく1回で解決!というカウンセラーがいるとも聞きますが、表面的なアドバイスであれば誰でも短時間で出来るのです。これしてこれしてこうやればいいです!頑張ってください!クライエント様はそれが出来ないからカウンセリングを受けられようとしているのです。そこを当店では1つ1つ問題を根元からじっくり解決していきます。

継続してカウンセリングを受けられるにつれ、継続すればするほど、心身が穏やかになっていく事を実感されると思います。それは継続カウンセリング(予防カウンセリング)という「共感し、優しいコミュニケーション」に触れ続ける事により、時間、回数共に継続される事が何より「治療的」であり、カウンセラーとの信頼関係もより深く構築され、安心、リラックスされた環境の中でこそ、問題解決に向けての重要な心の変化、心の奥に封じてある本当の心理状態と向き合う事が出来る結果だと思います。

ありがたい話、いつもご利用くださっておりますクライエント様はご自身のペースで無理なく当店を上手に活用されており、当然、目に見えて症状が良くなっておられる方ばかりです。私も驚いたのですが、中には鬱病のクライエント様で血行(顔色)さえも良くなったクライエント様もいらっしゃいます。

また、1回で終わらせようとマシンガントークのようにお話になられるクライエント様もいらっしゃいますが、カウンセリングは1つ1つの事柄を確認、理解して行う事が大切になりますので、カウンセリングの質を高める点でも、ゆっくり時間をかけて取り組む事が結局は一番の近道になると断言させていただきます。

そして、お願いしたいのが、カウンセリングが終わりましたら、家でもう一度カウンセリングを振り返っていただきたく思います。カウンセリング中に何かしら良いヒント、発言、気づきが必ずあるはずです。当店では、カウンセリング中に大事なところはメモされる事をお勧めさせていただいております。私自身もカウンセリングを振り返えさせていただき、そこで気づいた点は次回に活かそうと思っております。

また、カウンセリングの効果を高める条件として、時間的概念(継続性)ともう一つは出来る限り、クライエント様ご自身の力で少しでも多くお話いただく事が大切になってきます。クライエント様が感じられた事、悩んでいる事をゆっくり、順番前後しても構いません。少しでも多く「お話いただく事」がより一層カウンセリング効果が高くなると感じております。

これは今までのカウンセリングを通して全てのクライエント様に当てはまっており、逆に話す気力が既に全く無い。全部カウンセラーに任せたい。カウンセラーさん元気にしてください。。。というクライエント様に対しては有意義なカウンセリングを行う事が難しいというのが本音です。そのようなクライエント様は心的症状どうこうよりも、脳内のセロトニン、ノルアドレナリンという精神伝達物質の機能が現実問題として脳機能に支障をきたしている可能性が高く、カウンセリングを受けられる状態では無いと考えております。

カウンセリングを受けるにあたり、ある程度お話いただけるだけの最低限の気力は必要となりますので、全く話す気力が無いといったクライエント様は一度、心療内科、精神科にてSSRI(昔ほど効力が強くもないが副作用も少ないお薬です)などの薬を処方していただく必要がございます。

薬を服用されますと、本人の意志とは関係なく、脳内の精神伝達物質の機能が回復し、カウンセリングを行えるだけの気力が戻ってこられると思いますので、それからカウンセリングのご予約(心の治癒、サポート)をいただきますようお願い致します。

上記のカウンセリングにおけます概念を理解していただきました上で、カウンセリングの技能に特化したプロのカウンセラーこうちゃんを上手にご活用いただき、じっくり腰をそえてカウンセリングを行っていただければと思います。それを見据えてのご利用いただきやすい料金設定に致しておりますと同時に、高額料金のカウンセリングは心的負担(心的、経済的なストレス)にもなりますので治療的では無いと考えております。

日本では医師による医療行為でしか保険が適応されず、医師は時間のかかり心の内面という複雑なカウンセリングを避ける傾向にある為、日本では多くのカウンセラーが苦労されております(一発屋の高額なお金儲けのカウンセラー、事業団を除く)。国からの補助が貰えない為、1時間1万円にしないといけない理由があるのです。ですが1時間1万円。。。高額過ぎますよね。日本でカウンセリングが普及していない理由がこの料金の高さです。

当店カウンセラーの榮(こうちゃん)は各種学会、及び行政の仕事(サポート)、他に投資による収入源を確保している事、何よりこうちゃんを選んでいただいておりますリピート(継続利用)のクライエント様に支えられて保険適応並みの料金体系を実現させております。

カウンセリングのペースですが本当に自由ですので、回数が多いほど効果は高くなりますが、お財布と相談していただき、月に1回、半年に1回など、クライエント様の無理の無い範囲にて継続される事でかなりの心的ストレス面の治癒、心的サポートが可能になります。継続利用されるうちに初回アプローチ→予防カウンセリング→解決した問題に対して、さらなる確信、安心へ。という良い流れを構築できます。何かあった時の最善な選択肢の模索、アドバイスも可能ですので、ライフパートナーとして強力にバックアップさせていただきます。

最後に、カウンセリングはカウンセラーとの相性が何より大切です。カウンセラーも人間ですので、良く感じていただけるクライエント様もいれば、残念ながらそう思わないクライエント様も当然いらっしゃるかと思います。

私でよければ2回目以降もずっと私(こうちゃん)が引き続き担当させていただきますので、途中で担当のカウンセラーが変わる等の心配はございません。(逆に言うと私しかおりませんので)家族的な想いやり重視のカウンセリングを責任を持って毎回担当させていただきます。クライエント様を置き去りにするカウンセリングは致しませんので協力にクライエント様をサポートさせていただきます。

24時間web予約
榮 皓一×今岡  誠

ブログ 更新中!

こうちゃんのブログ

ご案内

  • ホーム
  • サービス
  • 自己紹介
  • アクセス/クライアント様の声
  • お問い合わせ